OBLIQUE LINES by Yuki Morita: Flyer design

Flyer: front 1 / ©YUKI MORITA / OBLIQUE LINES
Flyer: back / ©YUKI MORITA / OBLIQUE LINES

日本の写真家、森田友希の写真展「OBLIQUE LINES」の告知フライヤーデザインを担当した。

2018年4月14日〜4月30日にReminders Photography Stronghold Galleryで開催される本展示は、2017年11月にイタリアのL’Artiere Editionsより刊行された同名の写真集『OBLIQUE LINES』の刊行を記念した展示である。

「OBLIQUE LINES」は、作家の森田が統合失調症の自身の兄の眼差しの先に触れ、その視覚化を試みるプロジェクト。森田が兄の眼差しから感じた現実と虚構の狭間に揺れる感覚。2つの異なる感覚の次元に、斜めに切り込むおぼろげな線(辺)を見出し、兄の眼差しの先に向かう地図とした。

フライヤーの表面のデザインは、展覧会のイメージヴィジュアルを使用して3パターン作成。

裏面のステートメントや情報は、「OBLIQUE LINES(斜辺)」というタイトルや、コンセプトから着想を得て、斜めに構成するタイポグラフィを展開。紙面に空間性を持たせることにより、森田の兄の眼差しの先に到達できるようなデザインを作成した。

I designed an announcement flyer for a Japanese photographer Yuki Morita’s photo exhibition “OBLIQUE LINES”.

This exhibition will be held at Reminders Photography Stronghold Gallery from 14th April to 30th April 2018. It is an exhibition celebrating the publication of the same name photobook “OBLIQUE LINES” published from L’Artiere Editions in Italy in November 2017.

“OBLIQUE LINES” is a project in which Morita touches the point of her own brother’s eye in schizophrenia and attempts visualization. Morita felt from his brother’s eyes and feeling shaking in reality and fictional space. He found an oblique line (side) that cuts diagonally into two different sense dimensions, and made it a map heading towards the end of his brother’s eye.

The design of the front side of the flyer was created using 3 images of the exhibition image visual.

For statements and information on the back side of the flyer, develop the title “OBLIQUE LINES” and the layout which obliquely constructs with inspiration from the concept. By making space on the paper, I created a design that can reach the tip of Morita’s brother’ s eyes.

Flyer: front B / ©YUKI MORITA / OBLIQUE LINES
Flyer: front C / ©YUKI MORITA / OBLIQUE LINES

Information

Yuki Morita “OBLIQUE LINES”

 

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください