2019年の3月9日〜31日に東向島のReminders Photograpgy Strongholdギャラリーで開催される野村幹太さんの写真展フライヤーをデザインしました。

I designed a photo exhibition flyer of Kanta Nomura to be held at Reminders Photograpy Stronghold Gallery of HIgashi-mukoujima from 9th to 31st March of 2019.

現存する日本最古の学生寮『京都大学 吉田寮』。

Existing oldest Japanese student dormitory “Kyoto University Yoshida Residence”.

そこで暮らす学生達の姿や建物、寮の歴史などを描いたプロジェクトです。

It is a project that depicts the appearance of the students living there, the buildings, the history of the dorm.

私も2017年のKYOTOGRAPHIE KG+での吉田寮内で開催された展示を拝見しましたが、古き良き昭和の時代にタイムスリップしたかのような趣と、深い歴史を感じました。

I also saw an exhibition held in Yoshida dormitory at KYOTOGRAPHIE KG + in 2017. At that time I felt a taste and a deep history as if I had a time slip in the days of the good old Showa era.

写真展の詳細はこちらのfacebookページにて

For more information on photo exhibitions please visit the facebook page below

https://www.facebook.com/events/574073059722070/


※吉田寮は現在、全寮生の強制退去を求める大学側とそこに住んでいる学生達の間で対立が起きており、その行く末が注目されています。

*Yoshida Dormitory is currently experiencing confrontation between the university side who seeks to forcibly remove all the residents and the students living there. Attention has gathered at the end of the process.

関連記事 – Related article (Japanese)

京大吉田寮問題、寮生以外の居住排除へ – 産経ニュース(2019年1月17日)
https://www.sankei.com/we…/news/190117/wst1901170044-n1.html

京大総長「学生自治、時代にそぐわぬ内容も」 吉田寮問題で見解 : 京都新聞(2019年2月4日)
https://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20190204000141

デザインA:表面 ©Kanta Nomura / 吉田寮学生寄宿舎史
デザインA:裏面 ©Kanta Nomura / 吉田寮学生寄宿舎史
デザインB:表面 ©Kanta Nomura / 吉田寮学生寄宿舎史
デザインB:裏面 ©Kanta Nomura / 吉田寮学生寄宿舎史

Information

  • アーティスト:野村幹太(http://nomurakanta.com/
  • 会期:2019年3月9日(土) ~ 3月31日(日) 会期中無休、午後1時から午後7時まで。入場無料。※初日9日のみ午後6時からのオープン。
  • 会場:Reminders Photography Stronghold ギャラリー(http://reminders-project.org/rps/ja/

投稿者: Shu Watanabe

I was born in Tokyo, Japan in 1982. Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions. The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be. 1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。 教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。 対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください