おすすめ

About

Shu Watanabe | WATANABE DESIGN

I was born in Tokyo, Japan in 1982.
Graphic designer and editor.
I graduated from Musashino Art University in 2006.
I majored mainly typography design.
Independently in 2013, after working for individual office.
Editing photo book and exhibitions of young photographers, handling book design and others, while teaching information design and marketing at educational institutions.
The fun of the design process visualizing the stories of objects, As a medium that can convey different messages depending on how to edit I am pursuing photo book and photograph should be.


渡部周|ワタナベデザイン

1982年東京生まれ。デザイナー、編集者。
2006年、武蔵野美術大学卒業。
タイポグラフィデザインを中心に学ぶ。
個人事務所勤務を経て、2013年に独立。
教育機関で情報デザインやマーケティングを教えながら、若手写真家の写真集や展示の編集から、ブックデザインなどを手がける。
対象の持つストーリー性を視覚化するデザイン過程の面白さ、編集の仕方によって異なるメッセージを伝えることのできるメディアとしての写真集、写真のあり方を追究している。


Contact & Social

Shu Watanabe / WATANABE DESIGN

“吉田寮学生寄宿舎史” by Kanta Nomura / Exhibition flyer design

2019年の3月9日〜31日に東向島のReminders Photograpgy Strongholdギャラリーで開催される野村幹太さんの写真展フライヤーをデザインしました。

I designed a photo exhibition flyer of Kanta Nomura to be held at Reminders Photograpy Stronghold Gallery of HIgashi-mukoujima from 9th to 31st March of 2019.

現存する日本最古の学生寮『京都大学 吉田寮』。

Existing oldest Japanese student dormitory “Kyoto University Yoshida Residence”.

そこで暮らす学生達の姿や建物、寮の歴史などを描いたプロジェクトです。

It is a project that depicts the appearance of the students living there, the buildings, the history of the dorm.

私も2017年のKYOTOGRAPHIE KG+での吉田寮内で開催された展示を拝見しましたが、古き良き昭和の時代にタイムスリップしたかのような趣と、深い歴史を感じました。

I also saw an exhibition held in Yoshida dormitory at KYOTOGRAPHIE KG + in 2017. At that time I felt a taste and a deep history as if I had a time slip in the days of the good old Showa era.

写真展の詳細はこちらのfacebookページにて

For more information on photo exhibitions please visit the facebook page below

https://www.facebook.com/events/574073059722070/


※吉田寮は現在、全寮生の強制退去を求める大学側とそこに住んでいる学生達の間で対立が起きており、その行く末が注目されています。

*Yoshida Dormitory is currently experiencing confrontation between the university side who seeks to forcibly remove all the residents and the students living there. Attention has gathered at the end of the process.

関連記事 – Related article (Japanese)

京大吉田寮問題、寮生以外の居住排除へ – 産経ニュース(2019年1月17日)
https://www.sankei.com/we…/news/190117/wst1901170044-n1.html

京大総長「学生自治、時代にそぐわぬ内容も」 吉田寮問題で見解 : 京都新聞(2019年2月4日)
https://www.kyoto-np.co.jp/education/article/20190204000141

デザインA:表面 ©Kanta Nomura / 吉田寮学生寄宿舎史
デザインA:裏面 ©Kanta Nomura / 吉田寮学生寄宿舎史
デザインB:表面 ©Kanta Nomura / 吉田寮学生寄宿舎史
デザインB:裏面 ©Kanta Nomura / 吉田寮学生寄宿舎史

Information

  • アーティスト:野村幹太(http://nomurakanta.com/
  • 会期:2019年3月9日(土) ~ 3月31日(日) 会期中無休、午後1時から午後7時まで。入場無料。※初日9日のみ午後6時からのオープン。
  • 会場:Reminders Photography Stronghold ギャラリー(http://reminders-project.org/rps/ja/

“Hodophylax: The Guardian of the Path” by Michiko Hayashi / Exhibition panel & Leaflet design

2018年10月26日(金)から開催されるKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭の東京出張版イベント、『 TOKYOGRAPHIE(トーキョーグラフィー)』。

六本木のFUJIFILM SQUAREで11月8日まで行われるオープニングプログラムの1つ、林道子さんの写真展「Hodophylax ~道を護るもの~」にて、会場で配布される作品解説リーフレットのデザインと、ステートメントの入った入り口のパネルのデザインを担当させて頂きました。

会場風景 ©2017 Michiko Hayashi / Hodophylax
リーフレット(英語版と日本語版) ©2017 Michiko Hayashi / Hodophylax

100年以上前に絶滅したニホンオオカミの痕跡をたどり、狼にまつわる民話や伝承を視覚化したプロジェクト。

会場はコンパクトなスペースですが、壁面を一杯に使ったダイナミックな展示構成で世界観に没入し、オオカミの森を散策しているかのような気分が体験できます。

会場風景 ©2017 Michiko Hayashi / Hodophylax
会場風景 ©2017 Michiko Hayashi / Hodophylax
会場風景 ©2017 Michiko Hayashi / Hodophylax

とても素晴らしい展示なので、11/8までの会期中、東京にいらっしゃる方はぜひご覧ください。

Information

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 SPECIAL EDITION
TOKYOGRAPHIE オープニングプログラム

林道子写真展「Hodophylax ~道を護るもの~」

会期:2018年10月26日(金)~2018年11月8日(木)
時間:10:00~19:00 (最終日14:00まで ・ 入場は閉館10分前まで) 会期中無休
会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)

webサイト:
https://www.tokyographie.jp/exhibition/michiko-hayashi…
facebookページ:
https://www.facebook.com/events/264959654223441/

写真集「Hodophylax ~道を護るもの~」

作家である林さん自身が編集・デザインをした手製本のアーティストブック。
以下のリンクより予約注文できます。(限定111部)
http://reminders-project.org/rps/hodophylaxsalejp/
※ 展示期間中にソールドアウトしました!

本の内容については、林さんが作成した以下のプロモーションビデオをご参照ください。

OBLIQUE LINES by Yuki Morita: Flyer design

Flyer: front 1 / ©YUKI MORITA / OBLIQUE LINES

Flyer: back / ©YUKI MORITA / OBLIQUE LINES

日本の写真家、森田友希の写真展「OBLIQUE LINES」の告知フライヤーデザインを担当した。

2018年4月14日〜4月30日にReminders Photography Stronghold Galleryで開催される本展示は、2017年11月にイタリアのL’Artiere Editionsより刊行された同名の写真集『OBLIQUE LINES』の刊行を記念した展示である。

「OBLIQUE LINES」は、作家の森田が統合失調症の自身の兄の眼差しの先に触れ、その視覚化を試みるプロジェクト。森田が兄の眼差しから感じた現実と虚構の狭間に揺れる感覚。2つの異なる感覚の次元に、斜めに切り込むおぼろげな線(辺)を見出し、兄の眼差しの先に向かう地図とした。

フライヤーの表面のデザインは、展覧会のイメージヴィジュアルを使用して3パターン作成。

裏面のステートメントや情報は、「OBLIQUE LINES(斜辺)」というタイトルや、コンセプトから着想を得て、斜めに構成するタイポグラフィを展開。紙面に空間性を持たせることにより、森田の兄の眼差しの先に到達できるようなデザインを作成した。

I designed an announcement flyer for a Japanese photographer Yuki Morita’s photo exhibition “OBLIQUE LINES”.

This exhibition will be held at Reminders Photography Stronghold Gallery from 14th April to 30th April 2018. It is an exhibition celebrating the publication of the same name photobook “OBLIQUE LINES” published from L’Artiere Editions in Italy in November 2017.

“OBLIQUE LINES” is a project in which Morita touches the point of her own brother’s eye in schizophrenia and attempts visualization. Morita felt from his brother’s eyes and feeling shaking in reality and fictional space. He found an oblique line (side) that cuts diagonally into two different sense dimensions, and made it a map heading towards the end of his brother’s eye.

The design of the front side of the flyer was created using 3 images of the exhibition image visual.

For statements and information on the back side of the flyer, develop the title “OBLIQUE LINES” and the layout which obliquely constructs with inspiration from the concept. By making space on the paper, I created a design that can reach the tip of Morita’s brother’ s eyes.

Flyer: front B / ©YUKI MORITA / OBLIQUE LINES

Flyer: front C / ©YUKI MORITA / OBLIQUE LINES


Information

Yuki Morita “OBLIQUE LINES”

 

UNION by Noel Bowler: Flyer design

Flyer: front

Flyer: back

ノエル・ボウラーの大規模なプロジェクト「UNION」。私はReminders Photography Stronghold Gallery で開催される展覧会の告知フライヤーのデザインを制作した。

「UNION」は、彼が5年以上を費やして撮影した世界14ヵ国の労働組合のオフィスや会議室の写真、または労働組合の会員証を見せる事により、政治的な決断が決定される場所が放つ静かなメッセージを視覚化したプロジェクトである。

チラシ裏面のデザインは、このプロジェクトが伝えている「無人の空間が発するメッセージ」を視覚化するため、被写体となった空間の室内の構造を抽出し、ワイヤーフレームの様にして文字のバックに入れた。

Noel Bowler’s large-scale project “UNION”. I made an exhibition announcement flyer design to be held at Reminders Photography Stronghold Gallery.

“UNION” is a place where political decisions are decided by showing pictures of trade union offices and conference rooms of 14 countries around the world who he spent over 5 years, or by showing membership card of labor union It is a project that visualizes a quiet message that emanates.

The design of the back side of the leaflet is to extract the structure of the room in the space which became the subject to visualize “Message issued by the unmanned space” this project conveys, put it in the back of the letter like a wire frame It was.


Information

Noel Bowler “UNION”
2018.1.20 – 1.28
@ Reminders Photography Stronghold

Website
http://reminders-project.org/rps/noelbowlerjp/